ISBN:978-4-499-22682-0

第2次大戦 ドイツの自動火器 1998年4月発行

この本の核心は、おそらくは大戦中のドイツの軍用自動火器を手にする機会がないであろう読者の代わりに、それらの取り扱いや分解について実際上の経験を伝えることであり、とりわけ弾薬の装填と射撃には力が注がれている。各章は経験豊かな射手による実弾射撃セッションを中心にまとめられ、それぞれをクローズアップ写真で記録し、見た目に説得力を与えるため、射手は当時の正しい軍服と装備をまとった。(前書きより)

4,180円(税込み)