ISBN:978-4-499-22703-2

大空の墓標-最後の彗星爆撃機- 1999年8月発行

 太平洋戦争末期の昭和20年3月に実戦部隊に配属された、海軍兵学校73期士官である著者が綴つた手記。昭和19年3月に兵学校を卒業後、霞ケ浦航空隊、百里ケ原航空隊を経て急降下爆撃機「彗星」の操縦員として攻撃第3飛行隊に配属され、出撃寸前に終戦を迎えて復員するまでに著者が実際に見聞、体験した出来事を、貴重な証言やユーモアも交えつつ詳細に記述されている。  さらに特筆すべきは、垂直尾翼に「Z旗」が描かれ

販売価格:3,300円(税込み)